池上線・多摩川線沿線WEBマガジンIKETAMAの話

池上線・多摩川線沿線WEBマガジンIKETAMAは、幾つかの効果を狙って企画されています

●地域のライターが、地域のことを発信する『場』を作っていく

●沿線に点在する個人店などの小規模商店の情報を発信して、沿線で暮らす人たちに情報を届ける

●沿線の介護・医療求人情報を発信して、沿線で暮らす人たちに情報を届ける

 

地域にはプロのライターから、アマチュアだけど自身のBlogなどで素敵な記事をアップしているライターなど、様々なライターがいます。

沿線の情報を記事としていくなら、地域のことを知っている地域のライターに記事を書いてもらうことが素敵じゃないかと思っています。

 

また、SNSの一般化により、記事への(サイトへの)アクセスを増やしていくのには、ライター自身、またその友人知人が、FacebookやTwitterを通じて、「わたしの記事」「僕の友人の記事」など、口コミ的に拡散していくことが発信力を高めてくれます。

 

地域のことは、地域の人たちで記し、拡げ、つないでいくことが大切なのではと思っています。

※IKETAMA地域ライターへ、協力のお願い

人は交通動線で動きます、当たり前な話ではありますが。

地域の情報を自治体区切りで、集めて、発信していくことは、あまり効率のよい作業ではないと考えています。

自分の暮らす地域の駅周辺、仕事に行くときに使う路線の途中に、休日に少し電車に乗っていけるところ、そんなところにある、知らなかったお店やイベント、そしてアルバイトなど。実際に人を動かして、リーピートさせていくのは、そんな身近さなのではないでしょうか。

 

例えば、海鮮居酒屋が好き、、、でもいつも同じお店じゃ飽きてしまう、いつも降りる駅ではない、ちょっと近場を開拓してみたい。

 

例えば、ともだちつくりに地域のイベントに参加したい、でも、住んでる駅近くにはイベントがなく、地域情報を探しても区内や市内などで区切られていて、行きやすい沿線での情報が見つからない。

 

などなど、沿線情報を活性化させることは「暮らしやすい街」「楽しい街」を作っていく大切なパートなのではないでしょうか。

少子高齢化の影響から、大きく労働人口が減少していく中、介護・保育・医療を必要とする人たちは増加しています。

その為に、やりがいがあり、安定した仕事であるのに、その担い手が不足しています。

 

介護・保育・医療の人手不足は、沿線の様々な人たちの生活に困難を生み出してしまします。

 

充分な介護を受けることができない人がいるとか

 

介護や保育を家族だけで負担しなくてはならなくて、家族が仕事や社会参加を充分にしていけないとか

 

これは、かなり深刻な「地域の課題」なのです。そして、そんな地域の課題を解決できるのも、地域の人たちなのではないでしょうか。

 

経験はないけど、人に関わる仕事をしてみたい

 

普段は会社勤めをしているけど、休日にWワークをしたい

 

資格はあるけど、子育て中なので近所や沿線で、資格を活かした仕事をしたい

 

定年退職をしたので、昔から馴染みのある地域で人の役に立つ仕事をしてみたい

 

こんな思いのある人たちと、介護・保育・医療の求人を結びつけていくことを考えています。

 

 

ずっと会いたかった

 

沿線のひと、5000字インタビュー

 

 

ぶら〇〇シリーズ

 

池上線・多摩川線の風景、ひと、記憶を写真でつなぐ

 

 

粋場めぐり

 

IKETAMAの粋な酒場をめぐります

 

 

 

IKETAMAあらからると

 

IKETAMA沿線のいろいろな表情を

レポートします



 【ひとにやさしい求人情報】

 

池上線・多摩川線沿線の介護・保育・医療に特化した求人情報

Wワークで働きたい ・子育てしながら資格や経験を活かしたい ・資格はないけれど「ひとに関わる仕事」につきたい

 そんな仕事を身近なIKETAMA沿線で探しませんか?


 【IKETAMAイベント情報】

 

池上線・多摩川線沿線の

楽しい、ためになる、仲間ができる、元気になる

イベントを紹介します