ぶらいけ 池上線戸越銀座駅、フォトカノン、戸越八幡、食べ歩き

古くて新しい、商店街とフィルムの写真。

 

池上線でぶらぶら、ぶらいけ。今日は戸越銀座。

戸越銀座駅近くのコーヒーショップと店外メニュー看板

 

若い女性を中心に使い捨てカメラや、フィルムカメラが密かなブームになっているのをご存知ですか?

 

デジタルにはないフィルム独特の写り方や、現像、プリントし終わるまでのワクワク感がたまらないのだそうで、データ化してSNSにアップするのだそうです。Instagramで「♯フィルムカメラ」と検索してみたところ、なんと16万件を超える投稿がありました。検索した私もビックリです。

 

エアリーでカワイイ写真は撮れませんが、仕事柄もあり私もフィルムカメラを使います。撮影済みのフィルムがあるので、今日は、いつもお世話になっているプリントショップへ現像のお願いに行きたいと思います。

戸越銀座駅に停まる7700系の電車と踏切を渡る人たち
戸越銀座駅

池上線に乗り、降りた先は戸越銀座駅。

 

元祖「ナントカ銀座」で有名ですね。

 

かつて戸越は水はけの悪い土地だったそうで、銀座で処分に困っていた関東大震災の瓦礫を譲り受け敷き詰めた縁から、賑わいにもあやかろうということで、戸越銀座と名乗ったのだそうです。

戸越銀座木造駅舎のホームを歩く人、電車を待つ人たち

一昨年、洒落た木造駅舎に生まれ変わりました。今もホームに降りると、木の香りに包まれます。90年という時を刻んだ、ボルトむき出しの素っ気ない旧駅舎の佇まいも好きだっただけに、いささか残念な思いもありますが、これからはこの駅舎が時を刻みます。

 

ミートソース専門店スペランツァの置き看板。布に描かれた食べ歩き専用ミートソースドックが貼られている。

駅を出てすぐ、目立つところにこの看板。

 

時はお昼どき、完全に不意打ちです。卑怯ナリ。

黒い皿に、美味しそうに盛り付けられた、ミートソーススパゲティ。麺は幅広な麺。

美味しくて、飲むように腹へ吸い込まれました。

 

初っ端から寄り道しましたが、国道を渡り、目的のお店を目指します。

 

写真屋フォトカノンの店の前

駅から5分ほど歩くと到着です。

フォトカノンの置き看板には「フォトカノンは写真屋です」と書かれている。

お店の名前は、フォトカノンさん。

フォトカノンの店内。白い壁に明るい雰囲気。左側に商品(小物)が陳列されている。右側には客が座って作業できるカウンター。突き当り奥のカウンターの向こう側でスタッフが作業をしている。

 

業種的に近しいのですが、、私の勤め先と異なり店内が明るくおしゃれです。

 

フィルムが二本

 

今回はフィルム現像だけお願いしました。

 

大抵お忙しく、後日引き取りなのですが珍しく現像機が空いていて、当日に仕上がるそうです。ラッキー。

 

それまで、戸越銀座見学といきましょう。

戸越銀座商店街を沢山の人たちが歩いている。

 

猛烈に暑いです。体脂肪の関係上、超苦手です。

 

戸越八幡の鳥居。しめ縄がかけられている。

たまらず涼を求め鎮守の森、戸越八幡神社さんへ。

 

戸越の地名は、江戸越えの村というのが由来だとか。

戸越八幡の参道。若い男女、高齢の女性が歩いている。

御朱印を求める方、腰を掛けのんびりされる方、イベントか何かで集う方とで結構にぎわってます。

戸越八幡の狛犬。

木陰と、そよぐ風が心地よいです。

沢山の絵馬。絵馬には可愛い犬のイラストが描かれている。
戸越八幡の拝殿。女性が参拝している。

お参りをして、一息つかせてもらいました。

 

のどが渇いたのですが、手水舎しか見当たりません。残念。

 

店頭に置かれたコロナビール。「冷蔵庫にキンキンに冷えたビールあります!!ぜひお試しみて下さい!!」と張り紙

飲み物を求め再び商店街へ。こいつはまさに地獄に仏。

店先に置かれたショーケースに、おでんコロッケ70円、はんぺんチーズ90円、うずらウインナー串90円。天ぷら各種50円。
紙に包まれた揚げ物を持つ手。一口かじってある。

戸越銀座商店街は食べ歩きでも有名ですね。

 

私たちもビールを片手に、パクリ。

 

屋外のテーブル席に座り、スマホをいじっているホットパンツの女性。テーブルにはジョッキのハイボール。

休日ということもあり、みなさん、カジュアルにちょい呑みしています。

 

美容サロン「ボニー」の窓。店内にはマネキンヘッドが置かれている。
沢山の金物が陳列されている「なごや金物店」

古きと、

 

今風のお洒落なCafeの前で、花柄のスカートをはいた女性がスマホをいじっている

新しきが軒を連ねます。

 

もっと昭和感がある商店街かと思いましたが、新しい店も多く、カフェが多いというおしゃれな顔も。

 

閉店した魚屋の店先

夕方に美味しそうなお惣菜が並び、テレビでもたびたび紹介されるこの魚屋さんは7月でお辞めになるそうです。商店街のアイコン的なお店だと思っていたので、残念です。

 

次にここには、どのようなお店が出来るのでしょう。

 

店先の路上に置かれた「鹿児島名物 白くまかき氷」の青い看板。白くまの絵と白くまの顔をしたかき氷が描かれている

氷菓の看板に、つい目が行きます。

 

薩摩で思い出しましたが、戸越にはかつて、お隣熊本藩の下屋敷があったそうです。

量り売り珈琲店の置き看板

量り売りのコーヒー店の、猛烈に良い香りに引き寄せられます。

 

淹れたてのアイスカフェ・ラテでひと休み。ここのコーヒーは本当に美味いです。

 

理髪店。中では整髪されている男性。

昔からの理髪店は、顔剃りが最高に気持ちい良いんですよね。

戸越銀座商店街が中原街道に突き当たるとこと。四人の歩行者。

 

商店街の西の終わりは、中原街道。

戸越銀座通りと中原街道が合流する周辺の街路地図。

中原街道を渡ってすぐそこは、日本一長いアーケードの武蔵小山商店街パルムです。

戸越銀座商店街が約1.3キロ、武蔵小山商店街が約800メートル。東側は宮前商店街、とごし公園通りと立て続きに商店街が並び、総距離は3キロに届きそうな長さです。

品川区、どんだけ商店街が好きなんですか。

どん突きまで来たので戻ります。現像をお願いしたフィルムを、引き取りに行きます。

 

その前に暑くて疲れました、休憩です。


 

ずっと会いたかった

 

沿線のひと、5000字インタビュー

 

 

ぶら〇〇シリーズ

 

池上線・多摩川線の風景、ひと、記憶を写真でつなぐ

 

 

粋場めぐり

 

IKETAMAの粋な酒場をめぐります

 

 

 

IKETAMAあらからると

 

IKETAMA沿線のいろいろな表情を

レポートします



 【ひとにやさしい求人情報】

 

池上線・多摩川線沿線の介護・保育・医療に特化した求人情報

Wワークで働きたい ・子育てしながら資格や経験を活かしたい ・資格はないけれど「ひとに関わる仕事」につきたい

 そんな仕事を身近なIKETAMA沿線で探しませんか?


 【IKETAMAイベント情報】

 

池上線・多摩川線沿線の

楽しい、ためになる、仲間ができる、元気になる

イベントを紹介します