ちょい呑みの歩き方

武蔵新田・池上のちょい呑みフェスティバル2018年 春

 

IKETAMAのSNSをご覧になられていた方はご存知かと思いますが、武蔵新田と池上で、毎年春と秋に「ちょい呑みフェスティバル」というイベントが行われています。

もともとは藤沢発祥のイベント。藤沢を訪れた武蔵新田商店会の方が、たまたま落ちていたちょい呑みのポスターを発見。「これ武蔵新田でもやろうよ」となりノウハウを教えてもらったのだそうで、武蔵新田での開催は、早くも9回を重ねています。

ほどなく池上でも行われるようになり、今ではどちらのちょい呑みもチケットが売り切れることがあるほどの盛況ぶりです。

今回、桜フォトコンテストの景品をお渡しするのにかこつけ、お酒大好きIKETAMAスタッフも武蔵新田、池上両方のちょい呑みに参加してきました。

参加のしかたはどちらも共通です。

 

1.チケットを買う

前売り、当日どちらでも購入できます。

絶対に参加する!という強い意志をお持ちの方は100円ほどお安く参加できるのと、抽選やくじ引きで景品がもらえたりもするので前売りのほうがお得です。Web購入のほか、協賛店で購入できます。当日参加を思いついた方や、使い果たしてチケットを追加で欲しい方は、駅近くの特設本部で購入できます(売り切れ御免)。

 

2.ぶら下げる

……必要が有るかといえば無いのですが、チケットをぶら下げてお店を巡ると、ちょっとだけテンションが上がります。

ぶら下げていると参加しているどうし、初対面の方たちとも会話がはずんだり、

(偶然となりに座られた池上ちょい呑みスタッフの皆さん。写真協力ありがとうございます)

 

袖振り合うもなんとやらと相席の方とおつまみの食べ比べをしてみたり。その後お友達になったりもします。実はiketamaライター伊藤さんとは、そんな縁で親しくなりました。

 

3.切り取って、お店の人に渡す。

チケットは3枚つづりです。1枚切り離してお店の人に渡します。

ワンドリンク、ワンフード。お店によっては料理をチョイスできます。

 

4.お酒と料理を楽しむ

たくさんの人が訪れるので、お店側も気合が入ります。

美味しい料理とお酒に舌鼓をうちましょう。

舌鼓中に本当の鼓がキタ(笑)。イベントを盛り上げに回られているそうです。

 

なかにはお腹が空いて、ライスを別オーダーする人や、

 

お店が気に入ってしまい、残りのチケットを全部そこで使い切ってしまう猛者もいますが、そんな使い方も全然OK。

鼻の下をのばしたこの人は、次があるので強制連行。

 

5.盛り上げ隊といっしょに、盛り上がる

先程の太鼓の方は、和太鼓演奏家の古立ケンジさん。武蔵新田のちょい呑みを盛り上げたいと演奏に来てくださっていました。古立さんのほかに、ギターデュオ bel sacci(ベルサチ)など、色々な人が盛り上げにこられています。

プロかと思ったら、商店街の方が参戦(笑)

 

 

6.席を立ち、次の店へ

当日はたくさんの方が参加されるので、お店によっては長蛇の列になることも。

なので、グラスとお皿が空いたら、あまり長居はせず次のお店を目指しましょう。無為の長居で、次のお店が終わってたなんて方もおられますので、そこら辺は要注意です。

お店が気に入ってどうしてもという時は、もう1枚チケットを使うとか、別途オーダーするのはいかがでしょうか。混雑具合によっては叶わないかもしれませんが、お店の方に相談してみましょう。

 

7.次回を楽しみに待つ

3軒巡り、お店ごとの雰囲気や料理を楽しんだら終了です。存分じゃなかった方はチケットを追加購入したり、お気に入り店の通常メニューでさらに楽しんじゃいましょう。

とはいえちょい呑みと言いながらも、3軒はしごすると結構な呑み応え食べ応えがあります。帰り道、どうぞ千鳥足にはご注意ください。

 

個人の好みもあり多少の当たりはずれはあるものの、いろいろなお店を巡り雰囲気を楽しみお酒と食事にも満足したほかに、お気に入りのお店が増えたり、新しくお友達が出来たりと、チケット代以上に楽しんできたIKETAMAスタッフ一同でした。

 

そんなお得なちょい呑みフェスティバル、あなたも次回、参加してみてはいかがですか?


 

ずっと会いたかった

 

沿線のひと、5000字インタビュー

 

 

ぶら〇〇シリーズ

 

池上線・多摩川線の風景、ひと、記憶を写真でつなぐ

 

 

粋場めぐり

 

IKETAMAの粋な酒場をめぐります

 

 

 

IKETAMAあらからると

 

IKETAMA沿線のいろいろな表情を

レポートします



 【ひとにやさしい求人情報】

 

池上線・多摩川線沿線の介護・保育・医療に特化した求人情報

Wワークで働きたい ・子育てしながら資格や経験を活かしたい ・資格はないけれど「ひとに関わる仕事」につきたい

 そんな仕事を身近なIKETAMA沿線で探しませんか?


 【IKETAMAイベント情報】

 

池上線・多摩川線沿線の

楽しい、ためになる、仲間ができる、元気になる

イベントを紹介します