【池上線・多摩川線沿線の自然】 水辺のある町〜小池公園の話 夏

池上線長原駅近く、小池公園の水辺と生き物たち2 ヒキガエルと爬虫類女子

 

(カエル画像あり 苦手な方は、閲覧注意)

 

この春に、スッポンを探しにいった小池公園。残念ながらスッポンには出会えなかったのですが、可愛いオタマジャクシに出会えたのでした(※詳細は 小池公園の話 春編)。

 

あの可愛いオタマたちはどうしているかなあ?

ちゃんとカエルになれたかなあ?

 

よし!会いにいこう。夏の小池公園にいってきました。

 

夜の小池公園 湖岸から池を写している
夏の夜の小池公園

春の時は、まだ明るいうちの取材でしたが、今回は夜。

そして、ひとりで行くのも寂しいので、職場の爬虫類(好きな)女子のサダコさんが同行です。

ちなみに彼女の狙いはヤモリです。

 

公園に入るとダーっと走り出すサダコさん。

 

池の遊歩道を走っていく白い服、ジーンズの髪の長い女性サダコさん

公園の奥へと消えていきます,,,,,,。

さてさて、どう探そうかなあと思案していると。

 

「いましたー!」と大きな声が響きます(夜の公園で大きな声を出すのは控えましょう)。

 

声のする方に行くと、サダコさんが両手の平で何かを確保しています。

 

なにかを覆うようにあわされた両手のひらのアップ

そっと、手の平を広げると。

 

手の平に乗るヒキガエル。

流石、爬虫類女子。あっという間にカエルGET!です。

 

小池公園の資料によると、生息しているカエルはヒキガエル。

警戒心があまりないのか、逃げようともしないで、手乗りカエルの如くです。

 

おとなしく腕にとまるヒキガエル

この後、公園内を探索して、5匹のヒキガエルを発見しました。

いえ、発見と言うより、普通に通路にいらっしゃいました。

出会えたのは一度は冬を越したであろう、きっと春にみたオタマの親カエルでした。オタマが成体になって上陸しているサイズの小さなものは見つけられなかったです。

 

もう一つの狙いのヤモリは残念ながら会えませんでしたが、カエルは十二分に堪能できた夏の夜でした。

 

都市部にある貴重な自然の水辺。そこに棲息する生き物たち。涼しくなる前に、また見に行ってみたいと思います。

 

※ヒキガエルは、耳腺に強い毒をもっているので、乱暴に扱わないこと。素手で触らないで下さい。触ったら石鹸で手洗い必須です。


小池公園

住所:東京都大田区上池台一丁目36番1号

最寄り駅:東急池上線長原駅(徒歩5分)

URL:https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/koike.html

 

※小池公園についての詳しい調査データは、大田区ホームページの【自然観察路「池のみち」等の生物植物調査について:自然観察路 池のみち 等の生物植物調査報告書2】に掲載されています。https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/kankyou/hogo/ikenomitichousa.html



IKETAMAあらかると【池上線・多摩川線沿線の自然】

水辺のある町〜小池公園の話 春 

池上線長原駅近く、小池公園の水辺と生き物

 

続きをよむ



 

ずっと会いたかった

 

沿線のひと、5000字インタビュー

 

 

ぶら〇〇シリーズ

 

池上線・多摩川線の風景、ひと、記憶を写真でつなぐ

 

 

粋場めぐり

 

IKETAMAの粋な酒場をめぐります

 

 

 

IKETAMAあらからると

 

IKETAMA沿線のいろいろな表情を

レポートします



 【ひとにやさしい求人情報】

 

池上線・多摩川線沿線の介護・保育・医療に特化した求人情報

Wワークで働きたい ・子育てしながら資格や経験を活かしたい ・資格はないけれど「ひとに関わる仕事」につきたい

 そんな仕事を身近なIKETAMA沿線で探しませんか?


 【IKETAMAイベント情報】

 

池上線・多摩川線沿線の

楽しい、ためになる、仲間ができる、元気になる

イベントを紹介します