『最後の楽園 レバーランド』 店長 本多広大さん 5,000字インタビュー ①

蒲田西口「飲食」を駆け抜けた日々

●灯りに集まる人々

蒲田西口に屈指の人気の立ち呑み屋『最後の楽園 レバーランド』がある。

夕暮れ、午後5時前から、蒲田西口サンライズ商店街のアーケードの脇道を入った小さな店の前に、たくさんの人が並んでいる。行列の向こうに、ぼんやりとオレンジ色の灯り。店の扉が開くと人波は吸い込まれていき、カウンターの前、テーブルの前と思い思いの場所に立つ。小さな空間が賑やかな店にかわるのはあっという間。老若男女、様々な年代の人たちが心を解放する空間。そこにはどこか懐かしさがある。そして新しい活力がある。

この温もりのある空間を作り出した人、店のオーナー本多広大さんに会いに行った。

 

私の前に現われた本多さんは、ニットの帽子をかぶり、adidasのパーカーを着ていた。人の好さがにじみ出た、かわいらしさのある人、それが第一印象だった。

インタビューに答えてくれている本多さん
インタビューに答えてくれている本多さん

●お笑いが好きなごく普通の少年だった

本多広大さんは大阪市生まれ。去年、平成29年12月に30歳になった。

広大という名前は「広く大きな心」を持ってほしいというご両親の願いから。

虫取りとお笑いが好きな元気な男の子だった。

「小さい頃はものすごくうるさい子だったらしくて、一分も黙っていられなかったみたいです」

姉の影響で深夜にテレビを観て、お笑い番組の芸人に憧れた。

中学生になると父親の転勤に伴い香川県三豊市へ引っ越す。そこにいる時も大阪弁を貫いた。

「大阪弁ってノリだけですげー受けるんですよ。つい調子にのっちゃったんですね。本気でお笑いを目指すようになりました。今にして思えば大きな勘違いだったのでしょうね。(笑)」

お笑い芸人を目指して家を出る決意をしたのは18歳。東京に出ることを選んだ。

「お笑い=大阪!吉本!って流れにあえて、逆らってみました。めちゃくちゃ粋がっていましたね」

●居酒屋でアルバイト もともと「飲食業」が好きだった

こうして本多さんは香川県から東京に出てきた。

高校の同級生と一緒に練馬のアパートを借り、「おぎやはぎ」らが所属している『人力舎』のタレント養成所に入った。東京暮らしは居酒屋でアルバイトをして食べていく日々。香川で居酒屋アルバイトをしていた経験が役に立った。

「もともと飲食の世界が好きだったんです。学校でアルバイトは禁止されていたからホールには出ず、厨房にいたんです。そこで包丁を触れるようになりました。ネギを刻んだり、オニオンスライスとかも……、指切りながらやっていましたね」

飲食業の世界で生きていく下地は、すでに高校時代からできていたのだ。

 


 

ずっと会いたかった

 

沿線のひと、5000字インタビュー

 

 

ぶら〇〇シリーズ

 

池上線・多摩川線の風景、ひと、記憶を写真でつなぐ

 

 

粋場めぐり

 

IKETAMAの粋な酒場をめぐります

 

 

 

IKETAMAあらからると

 

IKETAMA沿線のいろいろな表情を

レポートします



 【ひとにやさしい求人情報】

 

池上線・多摩川線沿線の介護・保育・医療に特化した求人情報

Wワークで働きたい ・子育てしながら資格や経験を活かしたい ・資格はないけれど「ひとに関わる仕事」につきたい

 そんな仕事を身近なIKETAMA沿線で探しませんか?


 【IKETAMAイベント情報】

 

池上線・多摩川線沿線の

楽しい、ためになる、仲間ができる、元気になる

イベントを紹介します